スタッフせつこの・・・  ~ Monterey Jazz Festival in NOTO ~

mjfinnoto.exblog.jp ブログトップ

MJFイン能登の意義

ちょっと真面目なつぶやきです。
今年のモントレージャズフェスティバルは、東日本大震災支援事業と位置付けています。

震災直後の、世の中の自粛ムードを皆さんは覚えていらっしゃいますか?
お花見、花火、お祭りごと、そして音楽イベント。
いろんなものが自粛ということで、取りやめになっていたそんな頃
今年のフェスティバル開催について私たちスタッフは真剣に考え、議論し、ひとつの答えを出しました。

それが「例年通り、それ以上に盛大にジャズフェスティバルを行う」ということでした。
そしてMJFのいつものキャッチコピーを特別なものとしました。
「With a Song in My Heart ~いつも心に音楽を~」
こんなときだからこそ、音楽が必要なのじゃないかという私たちの想いを
ジャズピアニストの守屋純子さんがキャッチコピーに代えてくれたのです。

では、東日本大震災支援事業とは具体的に何をしたらいいのか?

そこで私たちが考えたことが、被災地の音楽に関わる生徒を
七尾へモントレージャズフェスティバルイン能登へ招待することでした。
私たちは、音楽を通じてのまちづくり、国際交流、青少年育成を22年間やってきました。
そんな私たちが出来ることが、音楽と能登の風土を通した心の支援だと思ったのです。
会場で義援金を募り被災地へ送るという方法もありますが、相手がわかる支援をしたいという思いです。

今日、東北3県の3校から約100名の中高校生が七尾へ到着しました。
バスで9時間~12時間かけてやって来たみんなは、元気に1日目の行事を終えました。
今日から3泊~4泊の予定で和倉温泉に宿泊し、ジャズフェスへの出演、鑑賞を楽しんでもらいます。

今年はチケットの売上代金の一部が、この生徒たちを支援する費用の一部に充てられます。
つまり、会場に来ているみなさんおひとりおひとりが、この生徒たちの支援に関わるということになります。
みなさん30日、31日はそんな東北のみんなの元気な演奏をぜひ聴きにいらしてください。
[PR]
by mjf_in_noto | 2011-07-29 01:02 | つぶやき
line

モントレージャズフェスティバルイン能登の裏側・秘密・お得情報など・・・ジャズだけじゃない!MJFイン能登はこんなに面白い!!


by mjf_in_noto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30